かおりんごの好きなこと

4歳のむすめとエンジニアの旦那さまと2匹のねこたちとの日々のできごと

スポンサーリンク

4歳の娘のキッザニアデビュー!体験したのはどんなお仕事?

夏休みの終わり頃、4歳の娘と『キッザニア甲子園』へ初めて行ってみました。 

キッザニア』は、3歳から15歳までの子どもが、リアルなお仕事を体験することができる子どもの為のテーマパーク。エネオスのCMで少しだけ紹介されています。


出光 CM 未来のエネルギー編(60秒)【出光興産】

人気の施設だということは知っていましたが、実際行ってみるとすごく素敵なところでした。落ち着きのない娘が、私と離れてちゃんとお仕事ができるのか、かなり不安ではありましたが、娘もとても楽しかったようで『キッザニア楽しかった!また行きたい!』と言っているので、少し早かったけれど連れて行ってよかったなと思います。

f:id:kaoringo7:20170906203254j:plain

入り口のANAの搭乗口をくぐるとそこは別世界。すべてが子どもサイズで作られたリアルな子どもの国でした。

4歳の娘が体験したお仕事

チケットは事前にHPから午前の部を予約。入場は平日でしたが、まだ夏休み中だったのでかなり混んでいました。到着したのはオープン1時間前でしたが、ららぽーとの中はすでに長蛇の列!午後の部にもう並んでる人までいました。オープン30分前に開場された時にはすでに予約が終了しているお仕事もありました。

・ビューティーサロンのお客さん(資生堂

f:id:kaoringo7:20170914155409j:plain

娘はオシャレに興味を持つお年頃。『つめをぬってもらうの♡』とネイルをしてもらいたくて資生堂のビューティーサロンへ。ところがネイルは人気なので、すでに40分待ち…。スタッフの方に『メイクならすぐにご案内できますよ』と言われたので『お化粧してもらう?』と私が聞くと『うん!』と嬉しそうにお店に入って行きました。本当はメイクも子どもがするのですが、人数の都合でスタッフさんにメイクしてもらえました。メイク後に写真を撮ってもらい、その写真は資生堂のHPからダウンロードすることができました。

・ファッションショーのファッションモデル(劇場)

f:id:kaoringo7:20170914160829j:plain

たまたま通りがかった劇場で、スタッフさんが『ファッションショーのモデルを募集中です!』と呼びかけており、娘が突然『やってみる!』と言って劇場の奥へスタスタ入って行ってしまいました。『ファッションショーの意味わかってるのかなぁ…』と不安でいっぱいの私でしたが、きちんとスタッフさんの指示通りに動いて、ノリノリでポーズを決める娘にびっくり。ファッションショーはリハーサルと本番があり、ちゃんとブランドの洋服に着替えて、本番は音楽や照明も本格的でした。

本番のショーを撮影したDVDがもらえるのですが、よほど気に入ったのか何度も観ています。DVDを観ながら『どうしてファッションモデルがしたかったの?』と聞くと、『あのね、きららちゃんみたいでしょ(照)』と娘。『きららちゃん…?あっ!プリンセスプリキュアのきららちゃんか!なるほど(笑)』。プリンセスプリキュアキュアトゥインクルのきららちゃんはファッションモデルなんです

・銀行のお客さん(三井住友銀行

f:id:kaoringo7:20170920144644j:plain

キッザニア』では、お仕事をすると『キッゾ』という『キッザニア』の中で使えるお金がもらえます。お金を持って銀行へ行くと、銀行口座とキャッシュカードを作ってもらえて、お財布がもらえます。この時、混雑していて少し並ばなければいけなかったのですが、お店や銀行には子どもしか入れないため、娘は一人で並ばなければならず、寂しくなったのか泣いて私のところへ出て来てしまいました。それを見たスタッフの方が、『エクスキューズミーカード』というものを娘の首にかけてくれて、そのままお店の外で待たせてもらうことができ、最初に並んでいた順番で手続きをしてくれました。まだ小さい子には嬉しいシステムですね。

・ピザ屋さん(ピザーラ

f:id:kaoringo7:20170920145627j:plain

娘が今回1番やりたかったお仕事はピザ屋さん。入場と同時に予約していました。予約時間になってお店に行ったのですが、実は直前までさっきの銀行の続きでグズグズ泣いていたんです。ところがいざお仕事体験になったらこの笑顔。私が心配するよりも、娘はずっと成長しているようです。

f:id:kaoringo7:20170920150225j:plain

自分で作ったピザはテイクアウトして食べることができます。用意されたピザ生地を伸ばしてトッピングしただけなのですが、『こりんごの作ったピザ、すごく美味しいね』と言うと、『そう、こりんごが作ったのよ!』と、とても誇らしげに言って嬉しそうに食べていました。

・時刻を知らせるパフォーマー(SEIKO)

f:id:kaoringo7:20170920150606j:plain

あいかわらず変なピース…

キッザニアでは、30分ごとに大時計の前で時間を知らせるパフォーマンスがあります。娘は30分ごとに聞こえてくるこの音楽がずっと気になっていて、『こりんごも踊りたい!』とパフォーマーのお仕事に挑戦。このパフォーマーはなんといっても衣装が可愛い。ポンポンや鈴を持ってダンスする姿もとっても可愛かったです。


キッザニア甲子園 - 時計台(パフォーマー)

※動画はYouTubeから。娘ではありません。 

 

f:id:kaoringo7:20170920151853j:plain f:id:kaoringo7:20170920151814j:plain

キッザニアでは必須のお仕事スケジュールカードホルダー。たくさんの種類があり、娘はネコちゃんがいいとこちらを選んでいました。クリアホルダーにはお仕事カードや地図を入れます。

 

お仕事の合間に休憩したり、観光バスに乗ったり、歩きまわったりしてキッザニアの世界を堪能し、6時間はあっという間でした。平日とはいえ夏休みだったので混雑していて、お昼頃にはほとんどの予約が終了していました。夏休みが終わっても、運動会や遠足の振り替えなどで平日でも混雑することがあるようです。比較的小学生が多く感じましたが、娘くらいの小さい子もたくさんいました。子どもにとってはものすごくリアルなおままごとの世界。きっとすごく楽しいでしょうね。『キッザニア』では、大人はただ子どもを見守るだけで何もすることがないのですが、子どものがんばる姿を見て成長を感じられるのがいいですね。それに、小学生くらいの女の子が『あっ私銀行にお金を預けに行かなくちゃ!』『あっ私もー!』などと大人みたいな会話をしていたり、パフォーマーのお仕事に並んでいた女の子がパパに『このお仕事やりたいの?』と聞かれて『ううん、お金もらえるから』とシュールに答えていたり、なんだかちょっと面白かったです(笑)

 

娘は身長がギリギリ足りなくて運転免許が取れず、車に乗れなかったのが残念だったようです。他にもまだまだ体験したいお仕事があるそうなので、ぜひまた行きたいと思います。今回パパはお仕事で行けなかったので、次はパパも一緒に行けたらいいな。

f:id:kaoringo7:20170920151752j:plain

『ばいば〜い、またね!』

www.kidzania.jp