かおりんごの好きなこと

5歳のむすめとエンジニアの旦那さまと2匹のねこたちとの日々のできごと

スポンサーリンク

4歳の娘と『映画ドラえもん のび太の宝島』を観てきました!

我が家の4歳の娘『こりんご』が最近『ドラえもん』にドハマリしています。以前からテレビアニメは時々観ていましたが、年末に『大晦日だよドラえもん』を観ていた時に、昨年の映画『南極カチコチ大冒険』のCMが何度も流れて、それを観た娘が『かちこちみたい!』と言うのでレンタルしたら大ハマリ!


[のび太の南極カチコチ大冒険]予告編2

娘、平井堅さんの主題歌を熱唱し、パオパオダンスを踊ります(笑)それからというもの、AMAZONプライムビデオでドラえもんの映画を新旧問わず観まくっています。

 

実は私も子供の頃『ドラえもん』が大好きで、よく映画を観に行ったものです。中高生くらいになるとさすがに映画館では観なくなりましたが、毎年テレビで放送される映画は必ず観ていました。映画のドラえもんは、ワクワクする冒険と、のび太くんの優しさや勇気、ジャイアンの熱い友情などがすごくいいんですよね。でもやっぱり声優さんが変わってからは、違和感があって観ることがなくなっていたのですが、今娘と一緒に観る新しい『ドラえもん』もすっかり馴染んでまた大好きになりました。

f:id:kaoringo7:20180307144805j:plain

↑娘が描いたドラえもんとミニドラ

 

というわけで、3月3日公開のドラえもん映画『のび太の宝島』を初日に娘と観てきました。ドラえもんの映画を映画館で観るなんて30年ぶりくらい…?娘と一緒にハラハラドキドキしたり、泣いたり笑ったり、すごくすごく楽しかったです!

残念ながらポップコーンケースの販売がない映画館だったのですが、娘がパパにおねだりしてミニドラのマスコットを買ってもらっていました。私もシールを買いました。

ちなみにパパも一緒に観ようと誘ったのですが、2人で観ておいでよと言われ、パパはミスドでコーヒーを飲んで待ってたそうです。

f:id:kaoringo7:20180307143537j:plain

このシール可愛くないですか?思わずiPhoneに貼ってしまいました。

f:id:kaoringo7:20180307143829j:plain

勢いでスタンプまで買ってしまった(笑)

f:id:kaoringo7:20180307143924j:plain

娘はよっぽどミニドラが気に入ったのか、常にそばにおいています。寝る時も一緒。

f:id:kaoringo7:20180307144121j:plain

書店で幼児向けの映画の絵本を見つけました。映画が思い出される内容と、絵探しや迷路やクイズなどが楽しくて、ミニドラもたくさん載っているので娘がとても気に入っています。右上は映画の入場者プレゼント。

映画『宝島』で大活躍する、娘がお気に入りのミニドラ。実は私が『宝島』を観る前に『ミニドラSOS!』という映画のDVDを娘に観せていたんです。『ミニドラSOS!』は『日本誕生』と同時上映されていたドラミちゃんの映画で、ミニドラが初登場した作品です。確かこの時の入場者プレゼントがミニドラでしたよね。とにかくミニドラが可愛くて、きっと娘も気に入るだろうなと思ったら、予想以上に気に入っていました。


Dorami S O S Eding

このドラミちゃんの歌も可愛いんですよね。この映画以降ドラミちゃんのテーマソングになったそうです。ミニドラ好きな方はぜひ一度観てみてください。

 

映画の感想【ネタバレ含む】

レビューは苦手なので少しだけ映画の感想を。ネタバレを含むのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

小説『宝島』をモチーフにした冒険ストーリーということで、航海シーンを中心に全体的に映像がすごく迫力がありました。 迫力がありすぎて、嵐のシーンや海賊との戦いのシーンは音も大きくて娘が少し怖がっていたので、その時はぎゅっとしてあげました。

個人的にはオープニングがないのが少し寂しかったのですが、のび太くんが冒頭で『ドラえも~ん!!』と呼ぶシーンがあったり、のび太くんがどこでもドアで入浴中のしずかちゃんのお風呂場に入り『キャー!のびたさんのエッチ!』というおなじみのセリフや、ジャイアンの親しみをこめた『のびたのくせに生意気だ!』のセリフなど、これぞドラえもんという演出がとても嬉しかったです。

それと、のび太くんの部屋に貼ってあった『かっこいいドラえもん』の絵!気になりすぎてそのシーン頭に入ってこなかったです(笑)忘れた頃、最後にもう1回出てきて涙ひっこんじゃいました。

映画のドラえもんって、壊れたりポケットをなくしたりして役立たずになることが多いのですが、今回も敵がドラえもんより未来の技術を使うので道具が役に立たないことがありました。そこにゲストキャラクターのフロックがドラえもんの道具を改造するなどして活躍していたのがかっこよかったです。4歳の娘にはストーリーが少し難しいかなと思いましたが、クイズを出す子守ロボットのオウムや、怖がりのクラゲ、ミニドラなど可愛いキャラクターもたくさん登場するので、娘も終始楽しそうに観ていました。ラストシーンのドラえもんがピンチになるところでは、『ドラえもんが〜!』と娘が半泣きになり、シルバーとフロックの和解シーンでは私が号泣でした。『うわぁ、大人なのにドラえもんでこんなに泣いてしまった恥ずかしい…』と思ったら周りの人みんな泣いていたので安心しました。あれは大人だからこそ泣いてしまいますよね。

星野源さんの主題歌も素敵でした。娘も 『ドドドドド、ド〜ラえもん〜♪』とよく歌っています。来年の映画予告では『月とウサギ』が出てきました。どんな映画になるのか今からとても楽しみです。